日々のくらしのちいさなシアワセを綴ってます
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

のだめブラボー☆



今日発売ののだめカンタービレ23巻が朝一番に届きました。
もちろん映画宣伝DVDつきの限定版買うでしょ。
とうとうのだめも完結。
やっぱりこの作品が好きなんだな〜と改めて思いました。
ドラマをみてからハマったのですが
ドラマもちゃんと原作を壊さず作られていていいですよねぇ。
キャストもみんなはまり役だし。
笑いあり涙あり。映画もそろそろ公開。早くみたいな〜。
早くも番外編の“アンコールオペラ編”が連載されます。
こちらは24巻として発売されるのかな?楽しみー!


森見ワールド
 

この秋は森見登美彦さんの本を読んでいます。
夏の古本市に行ったことをブログで書きましたが
そのときasamingちゃんがコメントしてくれたのがきっかけ。(asamingちゃんありがとう!)
名前は知っていたけど、読んだことがなかったのです。

あらすじをみて面白そうと思い“夜は短し歩けよ乙女”を読んでみました。
最初独特の言い回しが受け付けず、これは読みきれないかも・・・と思いましたが
読み進めるうちにこの言い回しが癖になってきて、あっという間に読み終わりました。
森見ワールドにどっぷり浸かってしまいました。
話の糸が面白いくらいにつながっていて、全部読み終わるとすっきりする感じ。
どの本も横でつながってるかのようで、同じ登場人物、場所がでてくること多数。
京都の街、しかも京都大学付近が舞台なので、場所が想像できるし、自分も物語にはいってる気分になります。
設定はどの本も似たような感じなのに読みたくなるのがとても不思議。
“夜は短し歩けよ乙女”はなんとなく羽海野チカさんの漫画“ハチミツとクローバー”の世界に似てるなぁと思ったのですが、ちょうど執筆されてた期間に読まれてたそうです。
文庫本の解説は羽海野チカさんが書かれていて、絵がいっぱいちりばめられていて、素敵です。


繰り返し繰り返し読んでるので、もう文庫本ボロボロです。もう何回読んだか。
単行本は図書館で借りて読んでます。
はっきりいっておススメはしません。だって、人によって好き嫌いがはっきりわかれると思うから。
私もオットも本好きで我が家は本だらけです。
最近買ったなかでお気に入りの本。



“三谷龍二の木の器”・・・三谷さんの作品集。
写真がとっても素敵で、三谷さんの作品が惜しげもなくたっぷり載っていて
読んでて幸せです。お料理とスタイリングは伊藤まさこさん。
毎号楽しみにしてる“日々”をつくっているアトリエ・ヴィがつくった本です。



お馴染六花亭のマルセイバターサンド。久しぶりに買いました。
オットがレーズン嫌いなのです。私は大好き!
最近は手軽に手に入るようになりましたよね。
本を読みつつ、合間にお茶。気分転換になります。